読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を戴く接客について,6『自分がネタのタネになる』

『自分がネタのタネになる』とは、 会話をするうえで、話題ネタや時事ネタなど持っていることだと思う。 それは、ネタとしては、秀逸で誰もが知っていることが多いことでしょう。 なので、会話が直ぐに終わってしまうこともしばしば… やはり、そう言ったネタ…

お金を戴く接客について,5『小さな同意を得る(ラポール作り)』

コミュニケーションをとるうえで大切なことは、 同意できる事柄を沢山積み上げることだと思う。 それは、趣味であったり、同郷であったり。 または、相手の喜ぶこと。 僕は、会ったあとには、連絡先がわかる方には 葉書でお礼状を送ったり、Facebookだとお礼…

お金を戴く接客について,4『自己紹介する』

人それぞれ自己紹介する方法がある。 自己紹介とは、何? それは、自分自身を印象深く覚えてもらうことだと思う。 おれが北新地で働いているとき、別名は『しどう』でした。 きっかけは、ダーツバーで働きだしたときの付けられたあだ名が『しどう』。 理由は…

お金を戴く接客について,3『第一印象の大切さ』

脳は0.5秒で人を判断すると言います。 その人の色や雰囲気、声、表現などこれらを五感を使い感じとります。 しかも、視覚要素はかなり大部分の比率を占めるそうです。 あの人は、こんな感じ。 この人は、こんな感じ、 という風に日々、無意識に判断していま…

お金を戴く接客について,2『接客の心構え』  

接客で必要な心構えとは? 僕考える心構えとは、 如何にして居心地良く過ごして頂くか?だと考えます。 お客さまは日々、社会という世界で闘っていま す。 ある人は孤独に、ある人は世間の渦に巻き込まれながら。 だから、居心地がよく安堵感や幸楽感を求め…

お金を戴く接客について,1『目標と目的を決める』

今回はお金を戴いてコミュニケーションをする接客について何回かに別けて書こうと思います。 先ず、接客するにあたり必要なことは何でしょうか? それは、何のためにするか?ということです。 この『何のため』には、「自分に関して」と「相手に関して」の2…

誰でも出来る技術アップの方法

二年前にアメブロに書いた記事です。 『誰でも出来る技術アップの方法』 僕は、この方法で20代の頃から、スキル=さまざまな技術を学んできました。 方法はとっても単純です。 1.必要なスキルを知る 2.そのスキルでイメージトレーニングする 3.イメージト…

酔っ払いの戯言

昨日の夜中に書いたものです。 今日は、酔っ払いの戯言と思ってくださいな。 やっぱり、コミュニケーションするのは、飲ミニケーションは、最適やと思う。 もちのロンで、有る程度関係が作られてるのが望ましいと思うけどね。 初対面の飲ミニケーションは、…

自分が求めている結果は、どれだけ納得したかでわかる

この生きてる世界。 目の前にある現実世界。 脳がみせている世界。 全部、あなたの世界やし、おれの世界。 おれが、求めている現実は、 どれだけ納得したかということで、 望む世界を得られてるんやないかって思ってん。 不平不満を行ってる世界。 満足で喜…

神々の集うお話会&読まない読書会を開催。

書籍発売3週間で、60,000万部の『成功している人は、なぜ神社へ行くのか?』の著者八木龍平さんと、コラボイベントすることとなりました。 繋がるという意味では、同じ視点の八木さんとオレ。 八木さんは、「神脈と人脈」のお話を。神社の視点で見た人とのご…

人と人が繋がっていくイベント

これからやりたいと思うイベントがいくつかある(笑) うまくいけば、コラボも、可能だろうしね! その中で、やってみたいのは、 読書会を刑務所などの更生施設やること。 おれがやってる読書会は、 他のと違う。 それは、読まないからだ。 もう一度言おう! …

いつの時代も絶えないものとは?

今日は、少し真面目な話を。 いつの時代も絶えないものがあるねんけど、 わかりますか? それは、 悩みです! お金についての悩み 人間関係についての悩み 大きく分けると、この2つやと思う。 悩みの解決策を提案し、解決する手伝いすることが、 ビジネスの…

おれ流「神社の参拝のやり方」

おれの参拝のやり方を紹介したいと思う。先ず、理解してほしいんやけど、おれの参拝方法は、正式なやり方では、ないということ。勿論、正式な部分もある。そして、参考にさせてもらったのは、この本。成功している人は、なぜ神社に行くのか? https://www.ama…