読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を信じるということ

自分を信じる



自分を信じるって、どういうこと?



人を信じるって、どういうこと?



誰でも、一度は考えたことあると思うねん。



結局、辿り着くのは自分の成したことを認めるのが


自分を信じることになってる



こんな風に成したことで、自分を偶像化して


信じることで、自分の存在を確認する



これは、誰でもやってるね。


おれだって、そうやった。



でもね、ホントは


自分に自信が持てないから、そうなってるだけ。


じゃあ、自信ってやってなるねんけどね、


日本語ってよく出来てる。



自信=自ら人に言う



つまり、自分の体験してきたことを


人に伝えているとき


それは、自信を持ってるとなるねん。


ということは、


自分を信じてるということ。


あなたは、生きてるだけで、自信を持ってる。


そう氣づくだけでイイ



そして、他人を信じることも、自分を信じることも


実は、同じこと。


観方違うだけなんよ。


自分を信じれないときは、他人も信じれない。



自分を信じれてるときは、他人も信じれてる。


これに氣づいてね。



だから、あなたは、人に体験を伝えることで、


自信がたくさん積み上げられる。


「こんな事伝えても、ダメだよね」



そんなこと、思うとおもうけど、



あなたの体験は、誰かの役にたってる。



かならず!



最初は、ネガティブに、なっててもいい。



ただ、知っててほしい。



あなたの体験を伝えることは、



あなたの自信と尊厳を育てるということを。



そして、人の自信と尊厳も育てるということを。




信じるということについて、書いてみたくなったので、書いてみました。