読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せのソフト〜幸せになる言葉〜

産まれてから、高校生なるまで、泉北ニュータウンに住んでいた。

 

小学生のころ、親父と良く行った店があった。

 

「中川ムセン」 

 
f:id:d-sk-nakasuji-the-world-is-a-mat:20160808223035j:image

(この写真は、いつも行ってた店舗じゃない)

 

鳥みたいなロゴが、目立ってた。

 

 

家電量販店の先駆けみたいな店なんやけど、

今で言うドン・キホーテみたいな店で、

 

 

親父とは、釣りの道具を買いに行ってた。

 

この「中川ムセン」の創業者、中川昌蔵氏。

 

 

この方は、引退後、スピリチュアルの研究?を始める。

 

 

そして、幸せのソフトという言葉を作った。

 

 幸せのソフト

「今日一日 親切にしようと思う」
「今日一日 明るく朗らかにしようと思う」
「今日一日 謙虚にしようと思う」
「今日一日 素直になろうと思う」
「今日一日 感謝をしようと思う」

 

幸福のソフトの使い方
  1. いつも見える場所(トイレの中が最適)に貼り付けて、毎日5分間位、4つの言葉を強く想い心の中に刻み込みます。実行せず、想うだけででよい。直ぐ実行するとソフトが出来ずに失敗する。
  2. 4つの想いは言霊となり右脳の潜在意識にインプットされる。6ヶ月以上、1年位で固定化されて幸福のソフトが完成する。
  3. ソフトが完成すると精神の波動が自動的に高くなり、生活すべてに好調が始まる。
  4. 言霊は最高の祈りとなり、高級神と守護霊に通じて、自動的に神の守護を受ける。他の宗教と祈りは一切不要となる。

 

 

1年位経過すると奇跡的な幸運が現象化する。

 

  • 家庭が円満、特に夫婦仲が良くなる。家庭が平和になると子供の行動も良くなる。
  • 人間関係がすべて良好となる。個人、会社内の仕事が順調に進む。
  • 悪い友は去り、良き友が現れる。
  • 良縁に結ばれる。
  • 身心共に健全になる。
  • お金や物に不自由しなくなる。

                    大自然の法則研究会 中川 昌蔵

 

 

いつも、行ってたお店の創業者が、こんな素晴らしいことをしていたのは、知らなかった〜(笑)