読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を戴く接客について,6『自分がネタのタネになる』

おれ流 お金を戴く接客について 接客

『自分がネタのタネになる』とは、

 

会話をするうえで、話題ネタや時事ネタなど持っていることだと思う。

 

 

それは、ネタとしては、秀逸で誰もが知っていることが多いことでしょう。

 

 

なので、会話が直ぐに終わってしまうこともしばしば…

 

 

やはり、そう言ったネタには話し手の考えが盛り込まれたほうが、話は広がったりします。

 

 

でも、おれが一番だと思うのは、自分自身が話のタネになることだと思います。

  

 

自分自身がタネなることで、相手はいつも自分の方に向いてきます。

 

 

そうなってきたら、他愛なもない話でも会話が繋がっていくのです。

 

 

しかも、印象深く残っていて、お客さまは覚えてくれています。

 

 

今のおれがそう。

 

 

北新地を卒業?(笑)し会社員をしていても、お客さまはおれを北新地に呼んでくれます。

 

 

おれが働いていたお店では、今でもおれの話が良く有るみたい。

 

 

本当に有り難いです。感謝ですね。

 

 

ホステスに有りがちことでも、男性スタッフにはあまりないことがほとんど。

 

 

それを変えるのが、自分自身が話のタネなることです。

 

 

自分自身がネタなれぱ、ある程度のことは上手く行きます。

 

 

これは、接客に限らずですね。

 

 

人に好かれる人は、人に忘れられません。

 

 

でも、自分自身の愚痴や不満は話してはいけない。

 

 

なぜなら、それらほどおもしろくない話はないから。

 

 

先ずは、自分が、やってほしくない話を、やらない心がけを持ってみようよ。

 

 

]
お金を戴く接客について,4『自己紹介する』 - 『自分はヒトの世界をみることが出来るし、ヒトも自分以外の世界をみることが出来る』という考え方