読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法のコンパスを読んだ。

今日、熊本への道中で魔法のコンパス(西野亮廣著)を読んでた。

 

 
f:id:d-sk-nakasuji-the-world-is-a-mat:20160927211349j:image


この人の発想の転換というか

 


他の誰とも違う発想の仕方に驚いた。

 


本書の中に

 


『戦争が無くならない理由』という章がある。

 


その中で、戦争は無くならない視点から物事を考えてみることが書いてある。

 


そもそも戦争が起こることでビジネスになるところもあるらしい。

 


そりゃ無くならん!、とおれも思ってしまった(驚)

 


戦争が無くならん理由は、タモリさんが、西野さんに語っていたそうだ。

 


「人間の中に『好き』という感情があるからだ。そんなものがあるから、好きな物を他人から奪ってしまう。

 

また、好きな物を奪った奴を憎んでしまう。

 

ホラ、自分の恋人をレイプした奴を『殺したい』と思うだろ?

 

でも、恋人のことを好きじゃなかったら、攻撃に転じることはない。

 

残念だけど、人間の中に『好き』という感情がある以上、この連鎖は止められないんだよ。

 

LOVE&PEACE』という言葉があるけど、LOVEさえなければ、PEACEなんだよ。

 

その生き方は、かぎりなく動物や植物の世界に近いな。

 

ただ『好き』がない世界というのも、ツマラナイだろう?

 

難しい問題だよ、これはどうしたもんかね?」


タモリさんのこの部分を呼んで、おれもゾッとした。

 

 

人間である以上、感情は、明確にある。

 

 

これは、本能に基づいててはなく、意識というニンゲン本来の個性というものかな。

 


西野さんは、絵本「オルゴールワールド」に、その結論を位置づけたらしい。

 

 

既に、10月発売の絵本「えんとつ町のプペル」は予約したのに(笑)

 


この「オルゴールワールド」も気になってしまうではないか!(笑)

 

 

オルゴールワールド

オルゴールワールド

 

 


西野さんの自分を全面に押し出しながらも、誰に染まることなく、

 

 

芸能人「西野亮廣」になっていってる。

 

おれは、この人に惹かれ始めてる。

 

それだけは、解る!   

 

また、「魔法のコンパス」について書こうかな。

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方