読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高額商材を売るということ。

最近の高額商材を売る方法は、

 

 

みんな、よく似てるように思う。

 

 

  1. 無料、もしくは低価格のセミナーや体験会を開催
  2. みんなが、豊かに何でもできる世の中になったと提唱。みんなもこの商材についての体験を語ったり、セールスプロモーションをする
  3. 高額商材の案内。ここでは、結構な金額提示をしてからの値下げ、即日決済などの優遇価格を提示。そして、内容とは別に沢山の付録(何万円もすると説明する動画、食事会、コミュニティへの招待など)を提示し、クロージングへと誘う。
  4. 最後に、自分の体験として、こういった一流の商材に投資することで、一流の人脈、方法と出会い、成功に繋がったと話している

 

これが、悪い方法とも思わないし、いい方法とも思わない。

 

なんでなら、それで成功してる人たちもあるから。

 

それだけの金銭を投資できる人もいれば、

 

できない人もいる。

 

この時点で、主催者が付き合うべく人材をふるいにかけられてるとも言える。

 

おれも、沢山の収入は欲しいし、高単価なものであればあるほど、収入は爆発的に増える。

 

しかし、おれには違和感がある。

 

 

それは、おれが払えない金額だからからもしれない。

 

払う側からすれば、リスクは大きいし、成功を120%確証されたものでもない。

 

それでも払える人はいる。

 

それは、その人のファンか、お金を払っても大丈夫な人。

 

 

一般ピープルからすれば、

 

 

お金が無くなる不安や恐れ、

 

 

成功するかどうかわからない投資への不安や恐れ

 

 

おれも含めて、人は確証が欲しい。

 

 

これを申し込めば、どうなって、こうなって、収入が増えて、周りの環境はどう変わるのか!?

 

ということを!!

 

 

それを伝えることが出来なかったら、

 

 

詐欺られた、嘘だ!

 

 

なんて、事件になるんだろうと予想する。

 

 

資本主義の国だから、お金を循環させて利益を得るというのはわかるが、

 

 

こういった講師たちは、利益を循環させて、購入者に還元できてるのか?

 

 

そう思ってしまう。

 

 

ただ、繰り返すけど、悪い方法とも思わないし、いい方法とも思わない。

 

 

これが、いまのセールスプロモーションの最先端なんだろうから。

 

 

今一度、お金を得たら、どこに帰すのか、考えようと思った。