読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らないことは、イメージすら出来ないんだよ

おれ流 ブロック 人と繋がる 悩む原因 現実世界

この世界って、情報操作されてるな!って思うことがある。

 

 

金融であったり、政治であったり。

 

 

そして、ヒトは、誰かが不幸になる、なったことに優越感を感じることもあるし、

 

 

間接的な当事者になると、批判的になったり、好意的なったりもする。

 

 

おれの場合、このブログに全て書いた。

 

もちろん、記憶をだどりながら書いてるので抜けてるとこ、時系列的にズレてるところもある。

 


じぶんのコト- 告白と想い - 世界の中心に存在を刻む

 

そして、おれは、息子が施設に入る経験をした。

 

この日本には、児童福祉法というものがあって、

 

 

子供が生命的に危険と判断されると(仮定、事実無根も含めて)、国が子供を強制的に保護する。

 

 

書いてることは、

 

 

批判的に捉えると、子供を奪われる。

 

 

肯定的に捉えると、子供が守られる。

 

 

おれは、そんな経験をした。

 

 

当初は、批判的な立場やったよ。

 

 

だって、奪われたと思ってるから。

 

 

正しい情報なんて知らない。

 

 

ほぼ100%、ネットで調べたものが頼り。

 

 

もちろん!施設がどんなところかも分からない。

 

 

当初は、ただただ奪われた。手の届かないところへ行ってしまった。

 

 

それだけやった。

 

 

正しい情報が極端に少ないわけやから、区の担当者たちとも、衝突するしね。

 

 

そこには、冷静に装ってるだけの怒りの感情しかない。

 

 

ほんでね、何が言いたいかと言うと、

 

 

好き嫌いは、脇に置いといてやね

 

 

知らないことを知ろうよ!

 

 

ということ。

 

 

知らないから!

 

わからない、出来ない

 

という夢幻のループにハマるねんから!

 

 

知らんかったら、聞けばいい。

 

解らんかったら、聞けばいい。

 

 

聞けんかったらどうするねん?って?

 

そんとき、調べればいい。

 

 

わかる範囲で。

 

 

そうすると、聞くしかなくなる。

 

 

聞かんかったら、本人が損するだろうし、

 

 

困るだろうし。

 

 

新たな世界をみることもできん。

 

 

聞いたきっかけで、人脈広がるかもしれんしね。

 

 

知らないことは、狭い狭い囲いの中にいるのと同じ。

 

 

知ることで、狭い囲いが、少しずつ広がっていく。

 

それが、あなたの人間力の成長にも繋がるねん。

 

 

時には、辛いこと、嫌なこと、顔をそむけるようなことかもしれへんが、

 

 

そういったことを知ることで、新たな見聞も広がる。

 

おれは、そうやって知らんことを知ってきた。

 

 

実体験やから。

 

 

たからこそ、おれの経験は、誰かの役に立つと信じてる。

 

 

今回は、知らないことは、イメージすらできないから、

 

 

もっと世界をみて、知っていこうというお話です。