読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれは他人に対して何を提供できるのか?

今、おれは他人に対して何を提供できるのか?

 


ここ数日、こんなことばかり考えてる。

 


今やってることを否定するのではなく、
それ以上にブラッシュアップできないかと考えてのこと。

 

「人は経験した分量しか理解できない 」

 

という普遍の真理がある。

 


おれは今、自分の人生経験を話し、各々の人生に付加価値を持たせるべく、

 

 

ジブンゴトのようにシェアし合い、各々の体験化を実践している。


これは、黙念師容(もくねんしよう)という中国拳法の理念に基いたスキルアップの方法に基づいてやってる。

 

【黙念師容】
師の動きを覚え、それに近づくようイメージを保ち、
師の動きと同じになる様、切磋琢磨する

 

誰も経験したことのないことを話しすると、みんな驚く。

 

 

どうして、そんな事まで話せるのか!?と…

過去のおれやったら話せんかったが、

 

 

自分を受け入れ認めることができたから話せるようになった。

 

 

みんなも同じように自分を受け入れ認めることができれば、

 

不安も恐れも、不安や恐れとは、違ったものになる。

 


すべてが必要なことと理解できるようになる。

 


1年間、読まない読書会を開催し、
話してきた結果、わかったことでもある。

 

 

じゃあ、その次は?

 


ということ。

 


人生のコンサルとか考えたが、人の人生なんて、いじくることなんて出来へん。

 

 

できるのは、生きていく上でのスキル。

 

コミュニケーション力を上手く操ること

 


コミュニケーション力を、アップする為、みんなが助けあいながら成長できるコミュニティをつくることが必要だと感じた。

 


人はみんな、寂しがり屋。

 

 

その寂しがりの度合いが人生の明るい扉を開いていく

 

 

もちろん、1人ぼっちが好きという人もいるやろう。

 

 

ただね、一度考えてほしいのは、

 


その1人ぼっちが、心から好きで喜びに満ちていたらそれでいい。

 

 

もし、違うならそれは、不安や恐れからの1人ぼっちだと氣付いてください

 

 

本来の不安や恐れは、自己防衛本能の表れ。

 


人間という生物が生きていく上で得た危機回避能力だということ

 


だから、その危機回避能力である不安や恐れを否定することは生きること、

 

 

違う言い方をすれば、人間という生物自体を否定することになるということに氣付いてほしい。

 

 

不安や恐れを否定すれば、自己の否定に繋がるのは、そういうことやという事です。


だから

 

「人は経験した分量しか理解できない 」

 

という真理をちゃんと理解したうえで、不安や恐れに向き合って

 

 

日々を喜びと充足感に満ちたものにするための教育をやる必要があると思った。

 

 

そして、自分の経験を話すことができた

おれが先陣をきってやろうと思ってます。

 


少し前までは、ここまで考えてなかった。

 

 

みんなに話しができたというだけで

 

みんなに伝わってるのか?

 

みんなに変わるキッカケを与えれてるのか?

 

 

確信がなかったのです。

 

 

それぞれの生きてきた軌跡を受けとめて、認めてたところから始まり

 

 

不安や恐れを何処に持ってるのか?

そこに氣付いてもらいたい。

 


少し話は変わるけど

 

今、クレジットカードも飽和してきた。

そして、持ちたくないという人も多い。

そこで大事なのは、なぜ?持ちたくないのか?

 

おれは、考えて感じてみた

 

そこでわかったことは、

 

クレジットカードを知らないところで知らない人に使われたとき

 

口座からお金が無くなるということ

がわかった。

 

一瞬でもお金が無くなる不安や恐れが、クレジットカードを持ちたくないという答えになっていた。

 

周りに言うと、保険で補償されるやんとか、お金は返ってくるとかいうけど

 

観るべきところは、そこじゃない。

 

 

それは、そういうことを知ってるから言えることで殆どの人は知らない。

 

 

規約に、手引きに書いていることをね。

 

「お金が無くなること」を識ることが嫌やねん。

 

無意識に識る(現実化)と現実世界に現れる。

 

 

そういった経験をする。必ずね!


話は戻すが、そういうこと。

 

おれは、根本的なところにアプローチして
前に進むためのサポートがしたい。

 

それを、接遇を通じてね。

 

接遇を通じてやりたい!

 

それは、研修かもしれない。

 

講座かもしれない。

 

相談かもしれない。

 

そういったことでたくさんの人生に還元していきたい。


実は、コミュニケーション力(接遇力)を上げると、出世も早いし、収入も上がります。

 

コミュニケーション力もね、2つの軸があるの。

 

「雇用されてる方」と「個人でお仕事されてる方」とあるねん。

 

 

それらを日本人のために、伝承していきたいね。

 

ちょっとした、意思表明になってるかもしれんけど、

 

おれが他人に対して何ができるかを書いてみた。

 

 
f:id:d-sk-nakasuji-the-world-is-a-mat:20170425171208j:image