読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の辛かった過去をさらっと、他人に話せる人は素晴らしい。

自分の辛かった過去をさらっと、他人に話せる人は素晴らしい。

 

ホンマにそう思うことがあった。

 

 

ある親子がね。

 

 

ベビーカーに座ってる女の子がね、

 

 

おれの顔を見て、笑ってくれるんよ。

 

 

子供の笑顔は、ホンマに癒やされる。

 

 

何度も笑ってくれる。

 

 

ふと、よく見ると、その女の子鼻にチューブが通ってる!?

 

 

お母さんに、病院行かれてたのですか?と思わず聞いてしまった😰😰

 

 

言った自分に焦ってるとね、

 

 

そのお母さんが教えてくれました。

 

 

この子、心臓の手術を受けたということを。

 

 

年齢は、1歳3ヶ月とのこと。

 

 

この年齢で、あの笑顔は悟りの域。

 

 

人生を受け容れた笑顔だと感じたね。

 

 

最初に書いた、

 

自分の辛かった過去をさらっと、他人に話せる人は素晴らしい。

 

これは、女の子のお母さんのこと。

 

 

心臓の手術を話せるのは、理解できる。

 

 

おれのことも少し話しながら、(他人にじぶんのこと話せるおれって😄😄)

 

 

衝撃を受けた。

 

 

実は、そのお母さんには、男の子の子供も居たこと。

 

 

そして、その幼い子供を病気で亡くされたこと。

 

 

しかも、さらっと哀しみの表情てはなく、愛くしみのオーラで話してくれた。

 

 

ホンマに聞いたほうが衝撃で。

 

 

その親子が帰ったあとも、ホンマに凄いお母さん。

 

 

愛くしみのお母さん。

 

 

そんな思いを感じてた。

 

 

思い返すだけで、心が熱くなる。

 

 

あそこまで、受け容れ、しかも今のお子さんと一緒に病気を乗り越えようとしてはる。

 

 

母は剛しとは、言うけど

 

 

そんなレベルやないわ。

 

 

子供の命も受け容れた深い愛の人。

 

 

そんな話を聞けた、今日はホンマに最善最高の日。

 

 

その親子にいつまでも続く愛と幸せを祈り続けようと思いました。

 

 

今日は、そんなお話。