読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ目当て接客術 【気持ちの良い快感はいつも、行動から得られる】  

 

これまで、「お客さんは、大切にされたいこと」、「観察すること」、「予測すること」について書いてきた。

 
オレ目当て接客術 〜あなたが愛されるためには?〜(仮称) - 世界の中心にジブンを刻む

 

 
オレ目当て接客術【誰もがやってるんやけど、気づいてないこと】 - 世界の中心にジブンを刻む

 

 
オレ目当て接客術 【正しい予測を(丁寧さを)実践すれば、お客さんは、喜んでくれる。】 - 世界の中心にジブンを刻む

 

 

じゃあ、このあとは、どうするのか?

 

 

答えは、行動するのみ

 


今の接客は、ほとんどが体系化されている。

 


それは、なんで?

 


接客をやったことのない人でも、最低限のルールを守り、作業的に、仕事ができるようにやねん。

 


それは、接客なのか?…と言われると、おれ的には接客ではない。

 


やったことのない人が、最低限できるようになるためのものは、正直素晴らしいものがある。

 


やったことのない人が、最低限のことができるようになるからや。

 


しかし、殆どの人は、そこでオシマイ。

 


それが、接客の業(わざ)、接客業と勘違いする。

 


おれ的には、これらは、すべて作業だ。

 


なぜなら、ロボットのように身体が覚えてしまえば出来るとからや。

 


「お客さんを大切に出来ていない」

 


だから、感情が入らない。

 


だから、表情がない。

 


だから、ロボットのようにやってれば、いいんだと勘違いする。

 


どうすれば、

 


「お客さんを大切にして、大切にされてると伝わる空間を提供し、場の愛を感じてもらうために考える」

 


そこまで、やって、実践する。

 


その結果が、ダイレクトに返ってくる。

 


それが、接客(接遇)の醍醐味であり、

 


お客さんとスタッフのコミュニケーションをつくり

 

 

感謝や喜びになっていく。

 


何も難しいことは、言ってないし、書いてない。

 


めっちゃ簡単に言えば

 


『相手を大切にして、愛する』

 


ただそれだけ。

 


嫌なお客さんはもいるだろうけど、

 


そんなお客さんは、自ずと来なくなる。

 


一昔前は、従業員は、お客さんに育てられ、店は従業員によって拡大していく。

 


そんな言葉がある。

 


ここでは、一方通行な言葉やけど、

 


ほんまは相互関係やねんから。

 


従業員もお客さんもお互いに育てられ、店は、お客さんと従業員によって拡大していく。

 

 

おれはこうだと感じてる。

 


なかには、現状に甘んじて動こうとしない人や不安や恐れから動けない人もいると思う。

 


他人は、それを悪だというが、

動かない、動けない理由がちゃんと存在している。

 

 

その人にとって、動かないことが、快感の快につながってる。

 


しかし、接客というお仕事は、それじゃあ成り立たないし、その人は、自ずと孤立していく。

 


特にお客さんとスタッフとのコミュニケーションが確立されてる場所ではね。

 


もう、そうなってくると、2つしか方法はない。

 


その場所を去るか(やめるか)

 


その場所に改めて飛び込むか(新しいジブンに生まれ変わるか)

 


あなたなら、どちらが良いと思う?

 

 

その場所を去って、新たな場所を見つける(しかし、何も変わらない孤立したまま)

 


その場所に改めて飛び込み(新しいジブンに生まれ変わり、仲間をつくる)

 

 

もし、あなたが、接客業、セールス業、人と関わる仕事をするなら、決めるべき答えは、自ずと見えてくるはずやね。

 

 

気持ちの良い快感の得られる結果を導くには、動くしかない。

 

 


気持ちの良い快感はいつも、行動から得られる

 


これを覚えていてください。

 


f:id:d-sk-nakasuji-the-world-is-a-mat:20170512192815j:image

 

 

これも読んでね