世界中で通用する人間関係10のルール

色々と整理していたら

 

こんなの見つけたわ。

 

 

1:真剣に「他人」に関心を持て。そして他国の歴史、文化などにも関心を持つこと
Be sincerely interested in other people, as well as ther history and culture of other countries.

 

2:他人の視点に立って物事を見ること
See things from the other person's point of view.

 

3:他人の利益または興味にそって話をすすめること
Talk in terms of the other person's interest and / or hobby.

 

4:話し上手より聞き上手
Be a good listerner, rather than agood speaker.

 

5:ほんの小さな親切でも、心を込めて感謝しましょう
Give sincere thanks to other even for small kindnesses.

 

6:他人の長所を見いだして「ヤル気」を起こさせること
Find ther strength of others, and arouse an "earger want" in them.

 

7:相手をほめて重要感を与えましょう。ただし、心にもないことをいってはいけません。
Praise and make other feel important. But do it sincerely.

 

8:自分が間違っているとわかったときは、はっきりとその場で「非」を認めること
Whern you find that you are wrong, admint it promptly and openly.

 

9:他人の名前を頑張って覚えること
Try hard to remember ther names ot others.

 

10:自分に授かったもの(健康、家族、能力、仕事など)を数えて感謝すること(幸福の方程式)
I am happy, because ....

 

これは、近藤藤太氏が提唱していた「世界中で通用する人間関係10のルール」

 

近藤藤太氏

 

といえば、神田昌典さんが著した

 

人生の旋律 (講談社+α文庫)

人生の旋律 (講談社+α文庫)

 

 この本に出てくる老賢人が、確か、近藤藤太氏だったと思う。

 

このルールは、今でも通用するとおもうよ。

 

 

ホンマに参考になります。

日々、アウトプットすることの大切さを感じます。

おはようございます。

 

しどうデス。

 

見てくれている人もいると思うけど、毎日1回、こんなことをツィートしてるねん。

 

 

 

これはね、その日に思ったことをアウトプットするためにツィートしてる。

 

 

おれが、会社員という職業から離れたときから、変化し続けて、今のカタチに落ちついた。

 

 

おれって、モノゴトを考えるときは、理論、理屈で考えるから、なるだけ平易になるように書いてます。

 

ツィートって、文字数決まってるからね。

 

 

すぐにツィートできる時もあれば、翌日、起きたときにツィートできる時もある。

 

 

元々、説明が下手で、擬音が多いのよ。

 

『あれ、それ、これ、ドーン』みたいな😄

 

 

それじゃあ、アカンなって思ったからね、ツィートで、練習してるわけ。

 

前から、『この世は、理科の実験室』と同じと豪語してるから、丁度いい。

 

 

あなたのキッカケになると思うから、ツィート読んでね。

 

ではまた!

 

 

 

良かったら、こちらもオススメ🙆

 

 

真理の扉やって😁、鋼の錬金術か!なんてね😄

だいぶ久しぶりの投稿やけど、おもろかったことを書かいてみます。

 

最近ね、神道でいう「中今」、他の言い方は、「今を生きる」とか「中庸」とかやねんけど、

 

グラウンディングしてたら、真理の扉らしいものが現れて、中に入り、真理という奴と対峙した。

 

 

何故か?おれは、首根っこを噛り、

 

 

真理にお前が、この世界の真理となったと告げられたんだよね。

 


なんか、不思議でおもろかったわ。

 


おれ、妄想する癖あるんかな😄😄

 

 

これが、そのグラウンディングの方法が書いてある本

参考にどうぞ

 

あなたの中の神さまが輝き出す! エネルギーの魔法

あなたの中の神さまが輝き出す! エネルギーの魔法

 

 

【夢をかなえるについて】書籍「シンクロニシティマネジメント」から

書籍「シンクロニシティマネジメント」から、読み込む。

 

3回目は、『夢をかなえる』について。

 

 

夢をかなえるというと、最近では、引き寄せとかあるけれど、もっと根本の部分を知りたいと思う。

 

 

どの部分をどう捉え、どう解釈し、行動に落としこむ。

 

 

この世界は動くことで実現を図ります。

 

 

この場合の動くとは、

  • 行動する前の選択
  • その選択を決定すること

 

 

 

この辺も前回と同じく自己解釈も入れて読み解いています。

 

 

これを読むことで、あなたにも氣づきがもたらされますように!!

 

では、どうぞ〜😄😄😄😄😄

 

 

【読む目的】

夢をかなえるについて

 

【行動計画】

シンクロ(ひらめきの共時性(仮説))を活用して、夢を現実化させるには?

 


f:id:d-sk-nakasuji-the-world-is-a-mat:20170613232710j:image


 

【書籍から得たこと】
  • 素の自分で生きる
  • 他人の価値感は共感できるものだけを選ぶ
  • 普通という常識を受け入れない
  • 今を生きることは、自分以外の全てと生きること
  • いつも新鮮な状態で情報を受け取ることが人生を良くする
  • 眠るためのリセットはアップデートに繋がる
  • 情報を受け取ることは未来への予習(体感)、設定してきた未来は解答(現実化)
  • 「今」はあなた自身
  • 今を生きることで必要なヒト、モノ、コト、カネが得られる

 

 

『インスピレーションとは、信頼・理解・実践のサイクルで得られる』

 

  • 自分の存在を信じる→信頼
  • 五感と感覚が、快を調整する→理解
  • 快の状態を行動へうつす→実践

 

自分と調和すればシンクロの波に乗る

理解と実践は、一つのもの、快が解れば脳は実行命令をだす。

 

 【ここからの学び】
  •  自分自身を肯定することは、世界を肯定する→世界は自分自身が創っている
  • 日々、アップデートするために受けた(無意識に受け入れてしまった)普通という常識を垢を落とすようにリセットすれば、インスピレーションを氣づき易く、受け易くなる
  • インスピレーションをサイクルマネジメントする
  • 欲しいという意図と感情を調和すればいい
  • 目の前のことを受け入れ、調整すれば、脳は実行命令を出す

 

 

今回は、どうだろ?

何か得られたかな。

 

 

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント

 

 【参考書籍】

 

1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術

1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術

 

 

 

【マネジメントについて】書籍「シンクロニシティマネジメント」から

 書籍「シンクロニシティマネジメント」から、読み込む。

 

 

2回目は、マネジメントについて。

 

 

マネジメントというと、ビジネスでは、管理するということになるけど、

 

 

シンクロニシティをマネジメントするって、ホントのところ何のことを言っているのか?

 

 

自己解釈も入れて読み解いています。

 

 

これを読むことで、あなたにも氣づきがもたらされますように!!

 

では、どうぞ〜😄😄😄😄😄

 

 

【読む目的】

マネジメントについて 

 

【行動計画】

シンクロを自己管理して、願いを現実化へ導くには?

 


f:id:d-sk-nakasuji-the-world-is-a-mat:20170608001103j:image
 

 

【書籍から得たこと】
  • 導こうとするインスピレーションと自分の世界観のズレをわかろうとすることが現実を変える一歩。
  • 周りの抽象的な常識は受け入れないでいい。それは他人の世界観を客観視して生きること。
  • 周りはあなたの生き方が羨ましいから否定的にならざるを得ない。
  • 五感と感情を喜ばせることが自分の身体と繋がる。
  • 人生の設計図=使命=今を生きる。
  • 人生経験の総体が使命。
  • あなたはこの世界で役立っている。エゴに行きエヴァにつながること。
  • 協力したい一緒にいたいという感覚が大切。
  • 本当にやりたいことは欲しいという感覚を育む

 

 

 

【ここからの学び】
  • インスピレーションと自分の世界観のズレを調整すること。
  • 今を生きることで世界に役立っていることを理解すること。
  • 周りの抽象的な常識を受け入れない。
  • 本当にやりたいことは欲しいという感覚を育むこと、五感と感情を喜ばせるといい(why?で自己質問していく)

 

 

 

 
【シンクロニシティについて】書籍「シンクロニシティマネジメント」から - 世界の中心にジブンを刻む

 

 

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント

 

 

【参考書籍】

 

1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術

1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術

 

 

なぜ欲しいものが手に入らないのか?

 ここに、アップしたツィートは、あることをやって氣付いたこと。

 

 

 

そのあるモノとは、ペンダントが欲しいんやけど、ずっと買えない。

 

値段は五万。

 

 

その買えなくてモヤモヤしてるのは、何故かということについての答えが、ツィートしたこと。

 

 

 

あなたは、何か欲しいと思ったことは必ずあるはずやね。

 

 

 

100円、200円など、少額のものは、欲しいと思えれば躊躇なく買えるはず。

 

それは、何で?

 

 

それは、買うための理由が明確やから。

 

例えば、100円の水。

 

 

あなたやったら、何で100円の水を買う?

 

 

恐らく、こんな理由からやと思う。

 

  • 喉が渇いた
  • 美味しい(美味しそうな)水を飲みたい
  • 値段が安い
  • 水道水が飲めない(味が苦手)

 

 

こんなところかな。

 

 

あなたは(おれもね)、何かほしいと思ったとき、手に入れるための明確な理由が必要だということ。

 

 

逆を言えば、欲しいと思っても、明確な理由を導き出せなければ、

 

あなたは、その欲しいものを手に入れることは出来ない。

 

なぜ?そう思うのか?

 

それは、この世界がほぼ全てお金で動いているから。

 

 

何かを得るために、お金がいる。

 

 

そして、、大半の人は毎月使えるお金が限られている。

 

 

ただ生きていくためだけなら、お金は少しでも、生きていけるかもしれない。

 

 

でも、生活していくには、ある程度のお金が要る。

 

 

そして、必要なものと、手に入れたいものを常に取捨選択している。

 

 

あなたも少し考えてみて欲しい。

 

 

あなたが欲しいと思ったものが、直ぐにまたは、数カ月後、数年後に手に入ったか?

 

 

もし、手に入らなかったのなら理由を探してほしい。

 

 

そうしたら、わかるはず。

 

 

手に入らなかった理由が。

 

 

やり方は、簡単。

 

 

何故と繰り返し、自分に問いかけることと、手に入れたらどうなるのか、なりたいのか。を繰り返し、自分に問いかけること。

 

 

出てくる感情は、決まっている。

 

 

  • お金が無くなる不安と恐れ
  • 手に入ったとき、望む現実に成らなかったときの不安と恐れ

 

 

大まかに言えば、この2つや。

 

ぜひ、欲しいものに対して自問自答してほしい。

 

 

これをやることで、

 

ほんとに欲しいものが、手に入る。

 

 

そして、ほんとに欲しくないものは、手に入れなくなる。

 

 

今日は、引き寄せにも似たお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【シンクロニシティについて】書籍「シンクロニシティマネジメント」から

今回、4つのテーマにわけて、シンクロニシティマネジメントから主観も入れて学んでみようと思うねん。

 

テーマは、多少の変更はあるかもしれんけど、

 

  1. シンクロニシティ
  2. マネジメント
  3. 夢をかなえる
  4. 覚醒する

こんな感じでいこうと思う。

 

今回は、【シンクロニシティについて】

 

最近、本を読み込むときは、レゾナンスリーディングを参考にしてます。

 

書籍からの独学なんやけどね。

 

 

ではでは、シェアといきましょう〜

 

あなたにとっても、氣づきが生まれますように👏👏👏

 

【読む目的】

 

【行動計画】

 


f:id:d-sk-nakasuji-the-world-is-a-mat:20170531221114j:image


【書籍から得たこと】

 

  1. 自分の感覚「快・不快」に正直
  2. 不快を感じることは、快を知る術。
  3. 快を知り五感で解ることで願いの精度が高くなる(自然体になっていく)。
  4. 自分の現実を客観的に見ることで、周囲への配慮の仕方がわかる。
  5. お金を使う時、「どんな体験が欲しいのか」を意識する。
  6. 資産とは、、「ヒト、モノ、カネ、コト」のこと。
  7. いつも意識するのは、自分が心地よく望む未来へ繋がり、その流れの先にいる人たちが豊かになる事。

 

 

  • シンクロフィールド=設定してきた未来の情報があるところ
  • インスピレーションは、自分自身の奥のワンネス。
  • シンクロは、ワンネスから受け取った未来の種。

 


「待つチカラ」

  • 育て方は、自分への信頼であり世界への信頼することだ。
  • 理解→信頼→実践のサイクル

 

 

弁証法PDCAサイクルもこのあたりと似ているかもね。

 

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント

 

 

 

 

1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術

1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術